アート・ドキュメンテーション学会30周年企画行事・第12回秋季研究集会のお知らせ

アート・ドキュメンテーション学会30周年企画行事・第12回秋季研究集会

 

本年2019年度はアート・ドキュメンテーション学会30周年記念企画行事と第12回秋季研究集会を共同して行うこととなりました。2019年11月16日(土)・17日(日)に東京芸術大学 (東京)で開催いたします。ぜひご参加ください。

 

■ 日時:2019年11月16日(土)14:00-17:50
       11月17日(日)10:30-16:15

■ 会場:東京藝術大学 美術学部中央棟 第1講義室
     (東京都台東区上野公園 12-8)
    JR 上野駅(公園口)・鴬谷駅 下車徒歩 10 分

■ 申込方法:
 近日中に申込みフォームからの受付を開始いたします。
 申込み受付開始時には、本ブログ、公式ウェブサイトJADS公式ツイッターでお知らせいたします。

■ 参加費
 会員:1500円(学生500円) 非会員:2500円(学生1000円)(資料代含・懇親会費別)
 ※未納の年会費がある会員は当日受付にてお支払いください。

 

■ プログラム:
【第1日】11 月 16 日(土)
 14:00-14:10 開会の挨拶 赤間 亮(アート・ドキュメンテーション学会会長)

 14:10-15:10 第1部 30周年事業報告
  [報告1]「学会アーカイブ整備」
  [報告2]「情報発信の刷新・学会ウェブサイト更新」
  [報告3]「『研究』のJ-stage登録」

 15:30-16:30 第2部 ポスターセッション
  [学会活動のいま]
   〇 ポスター発表
   〇 ライトニングトーク

 16:30-17:40 第3部 若手セッション「私にとってのJADS」

 17:45 幹事長挨拶 古賀 崇(アート・ドキュメンテーション学会幹事長)

 18:00 懇親会 (東京藝術大学大浦食堂)

 

【第2日】11 月 17 日(日)
 10:40-12:00 第4部 鼎談 「アート・ドキュメンテーションの担い手」(仮) 波多野 宏之×赤間 亮×本間 友

 13:30-16:10 第5部 秋季研究集会
  [発表1]竹内 俊貴(文化財活用センター / 九州国立博物館
   九州国立博物館の業務におけるデジタルデータの蓄積管理
   –– 題箋管理システム構築の事例(仮)

  [発表2]齋藤 歩(京都大学総合博物館
   1970年代のRIBAと1980年代のAVIADORとによる目録作成法
   –– 建築図面の目録と建築レコードの目録との相互比較に向けて

  [発表3]毛塚 万里(志度寺/記録資料研究所)
   文化財情報の整備と継承を考える--「志度寺縁起」を事例として

  [発表4] 川口 雅子(国立西洋美術館
   収蔵品管理システムを用いたカタログ・レゾネの編纂
   –– 『松方コレクション 西洋美術全作品』を事例として(仮)

 16:10 閉会の挨拶 古賀 崇(アート・ドキュメンテーション学会幹事長)

 

 ※ 本集会は会員・非会員を問わずどなたでも参加できます。

 ※ 詳しいプログラム、参加費、懇親会費、懇親会会場、申込み方法など詳細は決定次第、追って本ウェブサイトで発表いたします。

 ※11月16日(土)は山手線および京浜東北線の品川〜田町間で大幅な運休や減便が発生するとのことです。ご来場の際にはお気をつけください。

 品川駅線路切換工事に伴う列車の運休について(JR東日本)

 

 

[30周年記念企画実行委員会、行事・企画委員会]

  

○ JADSウェブサイト:http://www.jads.org/

○ JADS公式ツイッターhttps://twitter.com/JADS_official

twitter.com