第113回JADS研究会「博物館法改正について2023」開催のお知らせ

博物館法は2022年4月に一部を改正する法律が可決され、2023年4月1日から施行となります。この改正では、目的及び博物館の事業の見直しとして、デジタル・アーカイブの明文化、地域の活力の向上への寄与を努力義務化が追加、また登録制度の見直し、学芸員補の要件の整備などがなされました。 
この研究会では2022年度年次大会で好評をいただいた、博物館法の改正のポイントの動向紹介をパワーアップして、更に年次大会時点ではまだ不明でした設置者要件が緩和された新たな登録制度の登録基準、8月のICOM(国際博物館会議)におけるミュージアムの新定義案の採択についても、追加してお話しいただきます。 

  

■ 日時:2023年2月19日(日) 15:00-16:30(予定) 

■ 場所:オンライン会議システム使用(Zoomを予定) 

■ 参加費:無料 

  

★ 研究会詳細・プログラム  
詳細はこちらをご覧ください  

  

★ 参加お申し込み〆切:2023年2月14日(火)  
こちらからお申込みください  

第112回JADS研究会「近年の著作権法改正の動向について2023」開催のお知らせ

著作権法について、新型コロナウイルスの影響などもあり、近年では改正が進みました。
例えば、今年5月には国立国会図書館でのデジタルデータの個人送信が開始されました。また、12月に公開された新たなデジタルコレクションでの大幅な全文検索が可能となりましたが、これには平成30年著作権法改正によるバックグラウンドでのデータ処理が可能になったことが関係しています。
目まぐるしく変わる近年の著作権法について、改正のポイントを昨年に引き続き、日本図書館協会著作権委員会委員の井上奈智さんに整理してお話しいただきます。

*この発表は国立国会図書館の見解、動向の説明ではありません。

 

■ 日時:2023年1月22日(日) 15:00-16:30(予定)
■ 場所:オンライン会議システム使用(Zoomを予定)
■ 参加費:無料

 

★ 研究会詳細・プログラム 
詳細はこちらをご覧ください 

 

★ 参加お申し込み〆切:2023年1月17日(火) 
こちらからお申込みください 

第111回JADS研究会「写真アーカイブの実践と課題2」開催のお知らせ

写真の機関アーカイブは、日本では決定的な規範があるわけではありません。 

また、複製芸術であり、微妙な差異を扱い、著作権の他にも肖像権といった権利を有する等、絵画や文書とは異なる課題を抱えています。 

写真をアーカイブしていく活動について、またその上での課題について、第一回の高知県立美術館石元アーカイブ及び東京綜合写真専門学校に続き、第二回として慶應義塾大学アート・センターで土方巽アーカイヴを担当しておられる石本華江さんと武蔵野美術大学 美術館・図書館で大辻清司アーカイブを担当しておられる村井威史さんに、お話しいただきます。 

みなさま奮ってご参加ください。 

 

■ 日時:2022年11月20日(日)
■ 場所:オンライン会議システム使用(Zoomを予定)
■ 参加費:無料

 

★ 研究会詳細・プログラム 
詳細はこちらをご覧ください 

  

★ 参加お申し込み〆切:2022年11月15日(火) 
こちらからお申込みください 

第109回研究会「写真アーカイブの実践と課題」開催のお知らせ

写真の機関アーカイブは、日本では決定的な規範があるわけではありません。

また、複製芸術であり、微妙な差異を扱い、著作権の他にも肖像権といった権利を有する等、絵画や文書とは異なる課題を抱えています。

写真をアーカイブしていく活動について、またその上での課題について、石元泰博氏のアーカイブを扱う高知県立美術館フォトセンターから朝倉芽生さんと東京綜合写真専門学校で「アートアーカイブズ実践」を担当しておられる小塩淳仁さんに今回、お話しいただきます。

みなさま奮ってご参加ください。

 

★ 研究会詳細・プログラム
詳細はこちらをご覧ください

 

★ 参加お申し込み〆切:2022年8月7日(日)
こちらからお申込みください

 

第15回秋季研究集会(9/11)開催のお知らせ

 本年2022年度は9月11日(日)にJADS第15回秋季研究集会を、高知県立牧野植物園とオンラインのハイブリッドで行います。

 

■ 日時
2022年9月11日(日)13:00~16:30

※ 9月10日(土)14:00-15:00 及び 9月11日(日)10:40-11:40にJADS主催の見学会が開催されます。
※ 9月11日(日)17:00- 高知県立牧野植物園主催の観月会が開催される予定です。

 

■ 会場
高知県立牧野植物園 映像ホール
およびオンライン(Zoom)(ハイブリッド型)

※ 新型コロナウィルス感染症拡大により、会場の緊急臨時休館や主催者側の体制の問題で、完全オンラインに変更する場合がございます。ご了承ください。

 

★ 第15回秋季研究集会の詳細
詳細はこちらをご覧ください

 

★ 発表申込み〆切:2022年9月5日(月)22:00
こちらからお申込みください

 

2022年度アート・ドキュメンテーション学会年次大会(6/11-12)開催のお知らせ

JADS第33回(2022年度)年次大会は、会場・慶應義塾大学(三田)と、オンライン接続を併用し、ハイブリッド型の開催を予定しています。
3年ぶりとなるリアル開催、およびオンラインの利点を活かし、多くの方に議論を共有いただける場になれば幸いです。奮ってのご参加をお待ちしております。

2022年度 年次大会実行委員会

 

★ プログラム・大会詳細
詳細はこちらをご覧ください
新型コロナウイルス感染症をめぐる社会状況を鑑み、今回は懇親会の開催を見送ることになりました

 

★ 参加お申し込み〆切:2022年6月8日(水)22:00
こちらからお申込みください

 

※ 総会のみ出席、委任状提出のみを希望する正会員のかたは、下記フォームよりお申し込みください。
総会のみ出欠/委任状提出はこちら

お問い合わせ:
アート・ドキュメンテーション学会 2022年度年次大会実行委員会
jads_conf2022■googlegroups.com(■を@に変えてお送りください)

第107回研究会・著作権法改正の動向について2022

著作権法について近年では違法コンテンツのダウンロード違法化やAI用のビッグデータ解析に対応した改正、授業目的の公衆送信補償金制度が新設されたりしています。
特に令和2年度は新型コロナウイルスの影響を受けて、絶版コンテンツ配信などの検討が進められました。
目まぐるしく変わる近年の著作権法について、改正のポイントを昨年引き続き、日本図書館協会著作権委員会委員の井上奈智さんに整理してお話しいただきます。
みなさま奮ってご参加ください。

 

■ 開催日:2022年2月23日(水・祝)
 (開場 13時45分、開始14時、終了15時30分予定)

■ 場所:オンライン会議システム使用(Zoomを予定)

■ 参加費:無料

 

*この発表は国立国会図書館の見解、動向の説明ではありません。

 

タイムテーブル(予定)>

14:00 開会・挨拶

14:10 近年の著作権の動向について(井上さん)

15:10 質疑

15:30 閉会

 

■ 申し込み方法:下記のリンクを通じてお申し込みください。
 > 申し込みフォーム 申し込み多数のため締め切りました。

*2月20日(日)締切予定 
*申し込みをされた方には前日までにオンライン会議システムのURL等の情報をお送りします。


[アート・ドキュメンテーション学会 行事・企画委員会]